関東周辺 子供と温泉だよ
 アトピー性皮膚炎・アレルギー体質と温泉


まずは母乳のみで育ててみよう

 小生は温泉ソムリエであり、医学的な専門家と言う訳ではありませんが、子供がアトピー性皮膚炎になる原因の1つは幼い時期に「粉ミルク」で育つことだと推測しています。元来、人間の赤ちゃんを含めて、哺乳動物は母親の母乳で育ちます。
 社会が発達した事もあり、親の都合で、哺乳類の赤ちゃんに「人工ミルク(粉ミルク)」を与えるのは人間だけです。
 その為、昔はアトピーなどは無縁で、粉ミルクが使われるようになってから、特にミネラル不足などでアトピーになる子供も増加した推測しています。母乳だけで育てられた子は、アトピーになる子は余りいないと言うのが持論です。
 ご事情によりどうしても粉ミルクになってしまうと言う場合には「お湯(水)」に工夫してみてください。ミネラルが豊富な水を使用するのです。具体的には、クリタの水(ミネラル100)などです。

 

幼児がアレルギー体質にならない為には

 子供のアレルギーで苦しんでいるご家族も多いかと存じます。
 まず、子供がアレルギー体質にならない為には、離乳食などを早くから与えない事が重要だと小生は存じております。
 母乳を欲しがれば無理にやめず、母乳を与えて、離乳食は1歳を過ぎてからでも遅くはないと存じます。消化器官の発達を待たずに0歳児に食事を与えると当然体の中で良くないこと=拒否反応が起こる訳です。
 ただし、生後5ヶ月を過ぎると、たんぱく質・カルシウム・鉄・銅・亜鉛・ビタミンDなどは母乳では補えません。その為、保健所や病院などの指導では早くから離乳食を与えるようにと言われるかと存じます。
 それを聞き流して、出来る限り離乳食はまだ与えず、特に乳製品や卵は与えない事が、食物アレルギーの子供にならない秘訣だと存じます。目安としては1歳〜1歳6ヶ月になるまでは母乳中心で良いのではないでしょうか?

 ビタミンB6のサプリを飲むと「つわり」が緩和される・つわりがひどくならない
 母乳で育てるとアトピーになりにくい (粉ミルクは出来る限り使わない)
 離乳食を遅らせてアレルギー体質になることを防止する
 以上の3つはかなり自信があります。

 実際自分の子はそのようにして育っており、アレルギーはありません。そして、因果関係はわかりませんが、好き嫌いもありません。
 ただし、お蕎麦(そば)アレルギー防止のため「そば」は5歳になってからにするなど配慮もしました。(うどんは早い段階から与えても大丈夫です。)

アトピーを含む皮膚病に効果がある温泉

 玉川温泉、草津温泉、蔵王温泉などの酸性湯はアトピーにも効果が絶大です。
 強烈な殺菌力で皮膚を清潔にしてくれて、温泉の効果で治癒力を高めてくれます。目安としてはpH3.0以下が良いでしょう。
 ただし、かきむしりなどがあると、患部に温泉が染みて「痛い」「ピリピリ」と感じますので、子供によっては我慢できなかったり、泣いてしまったりすることもあるかと存じます。ただし、患部に染みると言う事は、皮膚が殺菌され、患部に温泉が効いている=効果がハッキリとあると言う事です。
 最初から痛いと推測できる場合は、最初は温泉を桶に汲んで、体に掛ける程度で様子を見ると良いです。もともと肌が弱い場合は、最初は桶にお湯を汲んで足湯を試して、皮膚の状態を確認してみて下さい。なお、酸性湯の場合、アトピーでなくても、長湯は禁物です。1回の入浴時間は短めにして、1日3回程度入浴するのが最も効果的です。
 他には強塩化物泉も殺菌効果があり、アトピーにも効果があります。
 要するに、酸性と言う文字と、ナトリウムや塩化物泉と言う文字の両方が記載されている泉質の温泉はすごくアトピーに向いていると言えます。

 おさらい アトピーに効果がある温泉の泉質
 酸性の温泉 (例)  玉川温泉、塚原温泉、草津温泉蔵王温泉万座温泉など
 強塩化物泉 (例)  有馬温泉、みちのく温泉、南紀白浜温泉など
 ※出来る限り塩素消毒していない浴槽を提供している施設がオススメです

 

アトピーに効果がある入浴剤

 自宅のお風呂は水道水に含まれる「塩素」が肌に良くないです。シャワーも同様。
 塩素はビタミンCで取り除けるので、ビタミンC剤などをお風呂に入れて溶かしてから入浴すると良いです。シャワーは塩素除去型のシャワーヘッドをホームセンターなどで購入し、自分で簡単に交換可能です。
 各種温泉入浴剤の紹介はこちら

 同様に、都市部の温泉施設などを中心に、せっかくアトピーに良い泉質なのに、行政指導などにより「塩素」を投入している温泉があります。そのような温泉の場合、アトピーが更に悪化する可能性がありますので、最初は試す形で入浴し、問題が無ければ通ってください。

温泉や入浴剤での療法

 薬は皮膚の下にある毒素が出るのを抑えるもので、そもそもアトピーは薬では完治できません。前述の通り、薬はこれから出てくる症状を押さえ込んでいるだけですので、薬を切らすとたいていは症状がまた現れるのです。薬が症状を治して、出てこなくしているのではありませんので、誤解のないように。
 これに対して、温泉などを使用した自然療法の場合、人間独自の回復力を高めるという事になります。その為、薬のように毒素が出るのを抑えるのではなく、温泉入浴の場合はこれから出てくる毒素を出し切り、その後、毒素が発生しにくくなるようにするような考え方の効果となります。
 要するに、薬とは異なり、自然療法では、最初に毒素を一気に出しますので、一時的に症状が悪化します。
 最初は症状が重くなったと言うことになるのですが、これは治る為の第一段階なのです。そして、これから出てくる予定だった毒素を出し切ると、その後は出てくる予定のものがなくなりますので、長期的に渡り症状が改善される訳です。
 温泉などを使用した自然療法においても同様で、温泉療法を開始すると、最初はちょっと良くなったと感じることがあっても、その後、必ずどんどん悪化します。ひどくなっても、これは、自然治癒力が高められ、これから将来現れようと蓄えられていた毒素を、体が予定より早く外に出そうとするからです。その為、必ず一時的に悪化します。
 しかし、自然療法を毎日など継続することにより、体内の毒素が抜けきってくると、これから出てくる予定の毒素がなくなり、症状が落ち着き始め、アトピーのあとはかさぶたになります。そして、かさぶたの下には新しい皮膚が生成されるようになるのです。なお、皮膚の再生サイクルは約28日ですので、時間を掛けてゆっくり治す事が重要なのです。

 ※症状や治癒には個人差がありますし、100%治ると保証するものではありません。最初は試す程度で実施し、実践においては自己責任にてお願い申し上げます。

 >日帰り温泉に安く入る方法


 

関東周辺 子供と温泉だよ  損していませんか? 通販サイトを利用する前に「経由」してポイント2倍に