家族で簡単オートキャンプ 初心者情報

 (自宅) 快適に睡眠 カゼをひかない
      夏の冷房・クーラー使用法


 キャンプでの話ではありませんが、暑い夏の夜、喉を傷めたり、冷えすぎてカゼをひかずに、快適に睡眠する為の、冷房(クーラー)使用法を忘備録として記載しておきます。


■外気温が高い夜の場合

 熱帯夜など、外気温が27℃以上など気温が高い夜には、冷房の使用法を誤ると、翌朝起きた際には喉が痛くなっていたりします。
 外気温が高い夜には、寝る1時間前に、26℃の冷房運転を開始しましょう。
 そして、寝る際に、冷房の温度設定を28℃に変更して、寝ましょう。
 最初26℃にすることで、布団が少し冷えて、寝始める際に快適に睡眠導入することができ、寝る際に28℃にすることで、喉を傷めずに済みます。
 28℃設定後、切りタイマーにする、朝まで運転させるなどはお好みです。


熱帯夜ほどではないが湿度が高く寝苦しい夜の場合
 
 湿度が高くて寝苦しい夜には、はやり、寝る1時間前から、除湿運転をします。
 除湿ですので、結構部屋が冷える場合がありますが、運転は寝る際にOFFにします。
 要するに、速やかに睡眠する事ができれば、あとは何とかなります。

窓用エアコン(冷房) 
マイナスイオン発生装置付
驚きの価格です。
詳しくは画像をクリック
人感センサー付エアコン
最新エアコンは性能も良く
省エネタイプになってます
格安エアコン価格は左記

いろいろ考えすぎて、寝れなくなった夜

 あれこれと、考えすぎて、寝れなくなってしまった夜には下記の方法で、速やかに寝ることができます。
 冷えピタ (冷却ジェルシート)を、おでこに貼って寝ると、頭が冷えて寝やすくなります。
 是非、試してみて下さい。


寝返りが多い大人・子供の原因

 睡眠中にゴロゴロと寝返りをする人。
 この寝返りが多い場合には、快適に睡眠できていないと言う事になります。
 具体的には、人は、睡眠中、布団と接している皮膚(背中など)に熱がこもると、無意識にその部分を冷やそうとするため、寝返りを打ちます。
 要するに寝返りが多いと言う事は、睡眠中、熱すぎるのが原因です。
 これでは快適とは言えません。
 掛布団などを薄いものに変更したりするなど、対策を講じてみましょう。


スポンサーリンク
 



スポンサーリンク





子供と旅行だよ

関東周辺 子供と日帰り温泉だよ

 家族で簡単オートキャンプ情報トップに戻る