家族で簡単オートキャンプ 初心者情報

 我が家のキャンプ道具とその理由 テント編

 キャンプの道具・種類や、選び方を紹介しているサイトは山ほどありますので、私どもと致しましては「我が家のキャンプ道具」をご紹介し、なぜ、その道具を選択するに至ったか、そして、使用しての良い点・悪い点などをお伝え致したく存じます。

■テント

 我が家のキャンプスタイルは、ゆったり滞在型ではなく「短時間滞在型」です。2泊するにしても、同じキャンプ場には留まらず、移動して異なるキャンプ場に行きます。
 その関係で「設営」や「調理」も、短時間で可能と言う事を重視して、道具の選択と準備を致しております。

 そのため、テントはQuechua(ケシュア)の設営簡単テントを購入しようと思いました。
 Quechua(ケシュア)の second2 テントは・・・

 (良点ポイント)
 2秒で設営できると言う簡単ポップアップテント 一人でも設営できる
 撤収も折りたたむだけで、慣れれば数分で可能
 200リットル防水テストもクリアしていて、雨が降っても安心
 生地も内張りと外張りに分かれており、内部が保護されている
 実勢価格15000円前後と、比較的安く手に入る
 
 (難点ポイント)
 3箇所に結露を防ぐベンチレーションが装備されているものの、メッシュなどは ないので夏場の換気は悪い
 実際問題、外気温が高ければ、メッシュがあっても「暑い」ので、夏場は、なるべく涼しい所へキャンプに行くことでなんとかしています。逆に冬場は熱気が逃げず、防寒対策となり、カゼを引かなくて済むので、良いかも?
 風対策なのか、高さが低め。
 収納すると直径95cmの丸型となり、小さい車だと、車の中での保管場所が困難な場合がある

 我が家がキャンプする場合は、3人なので、4人用以上のテントを選択しています。

 以上のように、当初は考えていたのですが、結果的に購入したのは、下記のテントです。


テント LOGOS(ロゴス) クイックドーム N270-K (←楽天市場に行きます)

 ケシュアのテントは、やはりマイナーなようで、在庫切れだった事や、高さが低い(128cm)ため、どちらかと言うと登山向け?、耐水圧がロゴスの方が高い、そして、ロゴスの方が36%も安かったと言う価格面と、以上4点の理由から、実際に購入してテントはロゴスのクイックドームとなりました。

 

 ロゴスは高さ180cmですので、テント内で直立できる大きさですし、耐水圧も1200mmですので、突然の雨が多い日本に適していますね。(1500mm以上だと逆に通気性が悪く、結露による湿気を招くだけ。)
 設置がケシュアの2秒ではなく、5分となりましたが、クイックと名がつくとおり、簡単に設営できるため、簡単設営・撤収の許容範囲です。
 インナーはメッシュが両面にあるので、夏季の通気性も良いでしょう。
 大きさも5人用270cmタイプで、居住面も良いと言う事です。
 また、日本のメーカーなので、万が一のリコールなどの対応もしっかりしていると言えます。

 最初にロゴス・クイックドームを設営した際のブログ記事

 ケシュアの簡単テントシリーズ  (楽天市場サイト)

 タープ編  調理火力編  アイテム編







子供と旅行だよ

関東周辺 子供と日帰り温泉だよ

 家族で簡単オートキャンプ情報トップに戻る