家族で簡単オートキャンプ 初心者情報

 我が家のキャンプ道具とその理由 調理編

 キャンプの道具・種類や、選び方を紹介しているサイトは山ほどありますので、私どもと致しましては「我が家のキャンプ道具」をご紹介し、なぜ、その道具を選択するに至ったか、そして、使用しての良い点・悪い点などをお伝え致したく存じます。

調理用火力

 調理関係も「短時間」を重視しています。
 そのため、炭・蒔からの火おこしは、撤収も大変なので、自宅の屋上のみとして、キャンプ場ではやりません。よって、ライスを炊く飯盒も、持っていません。
 また、我が家ではあまり、焼肉は食べませんので、鍋やフライパン料理が主流。
 このような理由もあり「火力」と致しましては、通常「ガスバーナー」を使用。そして、簡単な鍋料理・フライパン料理をしています。
 ガスバーナーと言っても、家庭用の一般カセットガス缶を使えるタイプです。
 蒔や炭で煙が発生し、隣近所のキャンパーに迷惑掛けないのも、良いですよ。
 ただ、屋外使用となり風対策が必要なので、食卓用のガスコンロは使えません。キャンプ用のガスコンロを所有しています。
 野外でも使える物なので、災害時の調理用にも威力を発揮するでしょう。

カセットガスボンベについて

 通常のカセットガス(ボンベ)は、気温0℃くらいまでは使えますが、それ以上寒くなると、外気圧と一緒になり、ガスが出なくなりますので、寒冷地で使用する場合は、寒冷地用のボンベを使いましょう。
 カセットガス(ボンベ)は長時間使用すると、ボンベ缶が冷えてガスの噴出量が弱くなります。その場合には、別の缶に交換し、冷えた缶を暖かい部屋に入れるなどして自然回復を待ちましょう。
 カセットガス(ボンベ)は、60℃になると容積が110%に膨張し、最悪破裂する可能性もあります。よって、暑い炎天下で車内に放置するのは注意しましょう。どうしても暑い車内に一時保管する場合には、冷えているクーラーボックスの中に入れておくのも一考です。


 キャンプ道具  テント編  タープ編  アイテム編





子供と旅行だよ

関東周辺 子供と日帰り温泉だよ

 家族で簡単オートキャンプ情報トップに戻る