福島県 新野地温泉 日本秘湯を守る会
 相模屋旅館 ★★★★★ 地図

■温泉クチコミ情報
 新野地温泉の前後には野地温泉、鷲倉温泉、そして道をそれると幕川温泉、赤湯温泉など、秘湯を守る会などひなびた温泉宿の宝庫となっている。
 新野地温泉は標高1150mで、一応一軒宿。
 温泉風呂には、新しく建てた旅館の建物から、外へと繋がる階段を下りて行く。
 階段からは古いままで、降りた所に、木造の湯小屋があり、湯治場雰囲気の板張り内湯だ。男女別の内湯になっているが、男女の隔たりは薄い壁1枚なので隣の話し声がよく聞こえる。湯小屋から更に奥には、山の野湯と言う雰囲気の有名な野天風呂があり、女性用と男性用に分かれているが、男性用は着替える場所が、木道などから見えてしまうと言うワイルドさ。
 そして、廃材などで手作りされた木道や女性野天風呂からは、目の前の山肌から白煙が昇っている温泉の噴気孔が見えるという豪快な景観となっている。
 館内の2階には宿泊者専用?と思われる男女別内湯+女性専用露天風呂があるが、日帰り利用だった為、未確認。
 自然湧出の源泉88℃のため、加水して適温にしているのは止むを得ないところ。もちろん、加温なし、消毒なしの掛け流しになっている。ほんのり青みがかった白濁湯の透明度は約15cm。
 玄関付近に椅子やテーブルがあるので、日帰り入浴でも待ち合わせに利用できる。
 ※写真は施設HPより拝借

温泉ソムリエより一言
 飾らない素朴な野湯と古びた内湯はとても雰囲気が良い。単純硫黄泉だが、pH7.3とほぼ中性で、成分がとても少ないので、子供にも肌にやさしい白濁湯+湯ノ花+硫黄の臭いと、秘湯雰囲気満点である。
 熱くて入れない場合は、掛け湯を何杯もすれば慣れるので試して欲しい。

■施設
 源泉の噴気孔から上がる湯煙が道路からも見える。
 旅館の建物は新しくしたようで、近代的な建物に見える。
 日帰り入浴は朝10時受付開始〜15時退出まで、今回は日曜日の朝10時に訪れたが、他に3グループ程ほぼ同時に訪れるといった盛況。すいている湯を楽しみたいのであれば、宿泊するしかないだろう。
 階段下の内湯入口付近に、貴重品ロッカーがある。脱衣所はカゴ式。木造湯小屋と野天風呂にはシャワーなし。
 日帰り利用時の個室休憩は事前予約必要で2100円からのようだが、昼食は取れない。
 夜は福島市街の夜景が一望できる標高約1150mの高所にある秘湯を守る会会員の宿である。

お勧め近隣観光
 冬季は閉鎖だが車であれば、磐梯吾妻スカイラインの浄土平まで約30分なので、足を伸ばす事をお勧めする。

 >温泉湯の花で自宅のお風呂でも温泉を再現

楽天トラベルでの予約がお勧め ※楽天トラベルへのリンクです
 温泉を予約するなら、楽天トラベルが便利でお徳。すぐに予約可能&楽天ポイントも貯まります。レンタカーや国内航空セットもあるよ。
一言特徴 100%掛け流しの酸性湯
泉質 単純硫黄泉(硫化水素型)
pH 7.3
成分総計 0.2207g/kg
温泉特徴 白濁 硫黄臭
加温なし・加水あり
掛け流し
露天風呂
混浴 ×
貸切風呂 ×
リンス 記憶なし
シャワー なし
ベビーバス 見当たらず
施設印象 建物は新しいが秘湯温泉
大人料金 日帰り入浴は 500円
子供料金 日帰り入浴は 250円
乳幼児? 特に記載はなし
有料個室 ○ 要予約
公式HP 相模屋旅館
 表の見方はこちら

子供ポイント
 子供でも肌に優しい秘湯と言える。
 熱くて入浴できない場合は、掛け湯を何杯もすると良い。



アクセス
 電車の場合、福島駅からタクシーで約50分となるので、現地はレンタカーが便利か。
 冬季は積雪などで道路事情が悪くなので、1日1往復送迎があるが、要予約。
 東北自動車道の福島西ICから、国道115号線を会津方面へ向かう。土湯温泉を過ぎて広くて快適な土湯バイパスを登って行き、東鵜川トンネルの出口のから右に入る。ここからは旧国道を磐梯吾妻スカイライン方面へ行き約10分。福島西ICからく夏季で約45分の距離。紅葉時期は大渋滞するので注意。
 冬季は旅館に行く方の為だけにで道路を除雪しているので、チェーンなどがあれば県道から車でも訪れる事ができるが、福島まで自家用車で行って、現地でスタッドレスタイヤのレンタカー借りるというのも一考である。
 地図を良く見てから行こう。

 
 記載内容は小生が訪れた時点のもので、参考までに公開致しております。実際には異なる事項などがあっても、一切責任を負いかねます。施設側により改善・変更されている場合もありますので、施設HPなどをご覧の上、訪れるようお願い申し上げます。ポリシーはこちら


関東周辺 子供と温泉だよ ブログパーツ