岐阜県 奥飛騨温泉郷 新穂高温泉
 水明館佳留萱山荘 ★★★★ 地図
 すいめいかん かるかや さんそう
■温泉クチコミ情報
 露天風呂が大きい温泉は和歌山県の川湯温泉、わたらせ温泉、草津の西の河原などあるが、この水明館の露天風呂もとても大きい。
 洗濯洗剤柔軟剤ホールドのテレビCM (2009年春放送)で「気持ちいい!」と登場した大きな露天風呂の温泉がここ水明館。日本秘湯の宿にも加盟している。
 女性専用露天風呂と混浴大露天風呂の2つがあり、男性は混浴の大露天のみ利用できる。
 バスタオルを巻いて混浴に入浴でき、とにかく広い露天なので異性と距離を置く事もできるので、女性でも利用しやすい混浴である。もちろん、脱衣所は別々で、女性専用露天から、混浴の大露天に進む事ができる仕組み。水着は男女とも不可。
 混浴露天風呂は、男性脱衣所前に1つと、大きな露天風呂が1つで露天風呂中央から噴水状に温泉投入され、深さも結構ある。そして最奥に露天風呂+洞窟風呂があり、滝のように温泉投入+洞窟の奥から温泉投入。
 澤水だろうか? 天然水が飲める所もある。洗い場は1名が利用できる程度の規模だが、シャンプー類もあった。
 蒲田川に面した露天風呂となっており、穂高の山並みを望め、景観もとても素晴らしく、開放感がありリラックスできる。
 源泉名は佳留萱温泉。カルカヤ1号泉は源泉温度80.3℃、毎分280リットル。カルカヤ2号泉は源泉温度55.8℃、毎分640リットル。カルカヤ3号泉は源泉温度87.4℃、毎分191リットル。源泉の合計湧出量は毎分1111リットルもある。
 宿泊すれば、建物内にある内湯や露天風呂も利用できる。
 ※写真は施設HPより拝借

温泉ソムリエより一言
 宿自体は3つの源泉を所有。これだけ大規模の露天風呂でありながら、源泉掛け流し。ただし、源泉温度が高いため、加水しているが、消毒なしの掛け流し。カルカヤ第1号泉とカルカヤ第2号泉を混合して、温泉が大量に大露天風呂に注がれている。良く暖まる湯で、大自然の中、景色と温泉を堪能して欲しい。とてもお勧め。

■施設
 狭い坂道を降りると駐車場がある。日帰り入浴の場合、駐車場にある受付小屋にて入浴料金を支払い、少し歩いて階段を下がり、露天風呂に行く。
 日帰り入浴料金には小さなタオル付。バスタオルのレンタルは300円。小屋の中にはジュースの自動販売機もあるが、自然水を飲むことも可能。
 露天風呂の脱衣所は新しくなり、カゴも増えた。カギ付きロッカーもあったが、大半は使用不可の状態。貴重品は車に置いておいた方が無難か・・。
 カゴの中に携帯電話を忘れていた方がいたので、自分も注意して参りたいところ。
 TVチャンピオンの「全国大工王選手権 露天風呂一本勝負」で作られた回転する貸切風呂もあり、貸切露天風呂の利用は、大露天風呂入浴料金も込みで、30分、大人1500円、子供1500円。
 食事処はなし。旅館だけでなくキャンプ場も併設。

お勧め近隣観光
 日本初の2階建てロープウェイ「新穂高ロープウェイ」で、標高2100mの展望台を目指して見よう。北アルプスの壮大な景色が一望できる。見学所要時間は往復時間含めて約90分。

楽天トラベルでの予約がお勧め ※リンク先は楽天トラベルになります
 奥飛騨温泉の温泉旅館予約なら、楽天トラベルが便利でお徳。
 すぐに予約可能&楽天ポイントも貯まります。レンタカーや国内航空セットもあるよ。
 8000円から宿泊できる、楽天トラベルの水明館佳留萱山荘 紹介ページもあります。(楽天トラベルのサイトに行きます)

 
一言特徴 混浴の大露天風呂
泉質 カルカヤ第1号・第2号泉
炭酸水素塩泉・単純泉
混合値 pH7.59
成分総計 0.744g/kg
カルカヤ第3号泉
炭酸水素塩泉 pH7.26
成分総計 1.698g/kg
温泉特徴 無色透明・無臭
掛け流し・加水有
露天風呂
混浴 ○ 混浴露天風呂
貸切風呂 ○ 3箇所
リンス シャンプーINタイプ
シャワー 流し放題型・圧力弱い
ベビーバス × 
施設印象 日本秘湯の宿
大人料金
価格帯
中学生より
800円 タオル付
子供料金
幼児
小学生 500円 タオル付
0歳〜幼稚園児 無料
乳幼児? 子供ポイントに記載
有料個室 ×
食事価格 提供なし
公式HP 水明館佳留萱山荘
 表の見方はこちら



子供ポイント
 浴槽の周りなど、温泉が床を流れている部分はとても滑りやすいので注意。小生が入浴していたときは、混浴でバスタオルを巻いた大人女性も転んでいた。
 子供が幼稚園児だと申し出ると、受付のご主人は「じゃあ、無料でいいよ」と言ってくださったので、恐らく幼稚園児までは無料。

アクセス
 電車の場合、飛騨高山駅(高山濃飛バスセンター)から新穂高温泉行きで、佳留萱バス停下車、徒歩2分。又は松本駅から飛騨高山行きの高速バスで、平湯温泉バスターミナル下車。濃飛バスの新穂高温泉行きに乗り換え。
 車の場合、新しくできた蒲田トンネルに進みがちなので、途中、旧道に入る必要がある。地図を良く見てから行こう。
 日帰り入浴の場合、受付時間帯があるので、事前にHPで確認してから出掛けて欲しい。

 

 記載内容は小生が訪れた時点のもので、参考までに公開致しております。実際には異なる事項などがあっても、一切責任を負いかねます。施設側により改善・変更されている場合もありますので、施設HPなどをご覧の上、訪れるようお願い申し上げます。ポリシーはこちら

関東周辺 子供と温泉だよ ブログパーツ