群馬県 草津温泉
 大滝乃湯 ★★★★★(2) 地図

■温泉
 草津温泉でも人気の日帰り温泉施設。
 内湯は30名ほど入浴できる大きさで、打たせ湯も注がれている。
 露天のスペースも結構広めで、男湯の露天は大浴槽、中間浴槽、歩行浴槽とあり、薄く白濁する湯は透明度約40〜50cmといったところ。白い湯の花も水中を漂い、硫黄の臭い(硫化水素臭)もして湯温は適温で入りやすい。男性露天からはあわせ湯へ繋がる地下入口がある。
 草津温泉では旅館でも余りない「サウナ」と「水風呂」もある。
 なお、大滝乃湯には「あわせ湯」(写真)と言う混浴内湯風呂が地下にある。木を使ったレトロな雰囲気で、38℃から46℃に別れた5つの浴槽があり、温度の低い湯船と高温の湯船と交互に入り、温浴効果を高める入浴法を実践できる。通常は男女混浴となっており、ほとんど女性客はいない。その為、1日3回の女性専用タイムがあるが、女性の風呂や脱衣所からは繋がっていないので、女性の場合は地下に行ってあわせ湯の隣の脱衣所を利用する。
 浴槽はすべて100%源泉掛け流しで、酸性で殺菌能力も高いので消毒もなし。
 小生が入浴した際には、ドイツからの観光客も温泉を楽しんでいた。
 ※写真は施設HPより拝借

温泉ソムリエより一言
 煮川源泉に入浴できるところは大滝乃湯のあわせ湯か近くの共同浴場・煮川の湯しかない。ただ、共同浴場は52.5℃の湯があまり冷めず注がれているので約45℃と熱く、浴槽も4人も入れば一杯なので、家族など大人数の場合、大滝乃湯を利用しよう。
 大滝乃湯の内湯のうたせ湯から注がれる湯はなんと万代鉱源泉なので、内湯は煮川源泉と万代鉱源泉が浴槽で混合しており、これまたここでしか楽しめない。露天は万代鉱源泉のみ。あわせ湯は煮川源泉のみとなっている。

施設
 元々町営だったが現在は第3セクター方式になっている。
 入口を入ると無料の靴箱に靴を入れて、鍵は自分で管理。脱衣所は100円が戻らないカギ式。カギは酸性湯ですっかり黒く変色しているが、脱衣所は広くとってあり、明るくて脱衣所にいるだけでもなんだか気持ちが良い。
 館内には小さめの食事どころと売店などがある。
 有料休憩室は個室タイプが1室あり、1時間=2000円。別に広間の8名用テーブルを有料で借りる有料休憩は1テーブル=1時間1000円。
 無料で休憩できる場所は、更衣室の入口前と、地下に畳敷きで寝ている人が多い休憩所もあるが、土日は混雑か?
 草津の旅館に宿泊するなら、宿で地図と割引券をもらってから訪れよう。

草津温泉の宿泊予約は「楽天トラベル」が安くて便利
 宿泊料金や空室を調べるだけなら無料。下記より宿名で検索してみてね。

 【日本最大級】楽天トラベル
一言特徴 あわせ湯が有名
泉質 酸性-含硫黄・アルミニウム
-硫酸塩・塩化物泉
(硫化水素型)

pH2.1 (煮川源泉)
成分総計 1.53g/kg
酸性・含ヒ素-アルミニウム-
硫酸塩・塩化物泉

pH1.61 (万代鉱源泉)
成分総計 3.51g/kg
温泉特徴 薄く白濁
加温なし・加水なし
掛け流し
露天風呂
混浴 △ 合わせ湯(女性時間有)
貸切風呂 ×
リンス 草津専用シャンプーINタイプ
シャワー 節水型・水圧普通
ベビーバス 見当たらず
施設印象 日帰り温泉施設
大人料金 中学生より 800円
子供料金
幼児
3歳〜小学生400円
0歳〜2歳は 無料
乳幼児? 特に記載はなし
有料個室
食事価格 高い
公式HP 大滝乃湯
 表の見方はこちら

子供ポイント
 脱衣所の片隅にベビーベット有。
 酸性がキツイお湯なので、アトピーには最高だが、幼児の長湯は厳禁。肌が弱い方や子供は入浴後にシャワーで温泉成分を流し落とすなど心掛けたい。
 もちろん入浴前と入浴後の水分補給も忘れずに。

アクセス
 草津温泉街の湯畑からは下り傾向で徒歩7分くらい。
 約100台の無料駐車場も建物前にあるが、無料なので関係ない車も止まっているようで、平日でも開店時間からほぼ満車となる。他県ナンバーの車多し・・。



 記載内容は小生が訪れた時点のもので、参考までに公開致しております。実際には異なる事項などがあっても、一切責任を負いかねます。
施設側により改善・変更されている場合もありますので、施設HPなどをご覧の上、訪れるようお願い申し上げます。ポリシーはこちら


関東周辺 子供と温泉だよ 初心者オートキャンプ情報 お得に節約 自動車保険 比較 詳細情報  ブログパーツ