群馬県 万座温泉
 万座プリンスホテル ★★★★(2) 地図

■温泉クチコミ情報
 標高約1800mの雄大な露天風呂は白濁した湯で日本有数の硫化水素濃度(68mg)を誇る。
 内湯・露天とも万座湯畑がある姥湯源泉から注がれており、源泉74.6℃の為、残念だが約50%?と、かなり加水している。しかし、加温や循環・消毒はなしの放流式(掛け流し)で、細かい白い湯花が舞い、硫黄のニオイもする。なお、加水しなければ微黄色の源泉らしい。加水しているが長湯は禁物。
 内湯はタイル貼りで透明度も高い。洗い場もある。
 3つの石組露天風呂がある「こまくさの湯」は青みがかった透明度約40cmの白濁湯。本白根山を望む展望も素晴らしい。春は新緑、夏は緑の山肌、秋は紅葉、冬は雪景色と季節ごとに景色を楽しめる。時には野生の鹿も露天風呂近くに現れ、夜は星がキレイに見えると言う環境だ。
 女性専用の露天は「しゃくなげの湯」で屋根付きだが、余り眺めは良くない。しかし、男性露天の一番左には女性露天からの出入口があり、展望の良い男性露天風呂で「混浴」も可能。フロントで100円レンタルできるバスタオル巻きが許可されている。
 脱衣所ロッカーはカゴ式で脱衣所付近に貴重品ロッカー有。日帰り利用はタイミングが悪いと浴槽清掃中の場合有。
 ※写真は施設HPより拝借

温泉ソムリエより一言
 万座まで来たら、通りすぎるのはもったいない。宿泊しなくても、是非、温泉宿の日帰り入浴を利用して万座温泉の良さを知って頂きたい。

施設
 万座プリンスホテルは、日本最高所にある温泉リゾートホテルとも言える。夜は満天の星がキレイだ。
 万座にある主な源泉はプリンスホテル創業者が昭和初期にほとんど買収。未使用の銅粉の湯や石楠花の湯の源泉もコクドが所有。
 宿泊する場合、設備が余りない安い部屋から、設備が良い高い部屋まである。
 浴室や露天風呂などは一切撮影禁止なのでルールは守ろう。

お勧め近隣観光
 万座プリンスホテルから徒歩6分くらいのところに、万座湯畑がある。湯煙の中、湯をたたえる源泉の様子が見られる。

他にもある万座温泉のホテル・旅館 ※楽天トラベルへのリンクです
 万座温泉には万座プリンスホテルを筆頭に、元・旅行会社勤務の小生もお勧めできる素晴らしい宿が複数あるが、そのほとんどが手軽にインターネットから予約できる。安い宿もあるので、是非、楽天トラベルで調べてみて欲しい。レンタカーや国内航空セットもあるよ。
 楽天トラベルの万座プリンスホテル 紹介ページに進む。(楽天トラベルのサイトに行きます)
一言特徴 本白根山を望む白濁湯
泉質 酸性・含硫黄-マグネシウム
・ナトリウム-硫酸塩温泉

pH2.4
成分総計 1.360g/kg
温泉特徴 薄白濁
硫黄臭い
加水・掛け流し
露天風呂
混浴
貸切風呂 ×
リンス シャンプーINタイプ
シャワー 流し放題・圧力普通
ベビーバス 見当たらず
施設印象 高原リゾートホテル
大人料金 大人1000円(日帰り)
子供料金
幼児
小学生 500円(日帰り)
0歳〜幼稚園児 日帰り無料
乳幼児? 特に記載はなし
有料個室 ×
食事提供 ホテルのレストラン有
公式HP 万座プリンスホテル
 表の見方はこちら



アクセス
 吾妻線万座・鹿沢口駅からバスで40分(冬期50分)。
 車の場合、冬季は近くにスキー場があるのでわかると思うが、路面凍結・積雪となるのでチェーン必須。

 

 記載内容は小生が訪れた時点のもので、参考までに公開致しております。実際には異なる事項などがあっても、一切責任を負いかねます。
施設側により改善・変更されている場合もありますので、施設HPなどをご覧の上、訪れるようお願い申し上げます。ポリシーはこちら


関東周辺 子供と温泉だよ 初心者オートキャンプ情報 お得に節約 自動車保険 比較 詳細情報  ブログパーツ