関東周辺 子供と温泉だよ
 温泉やプールで新型インフルエンザに感染するのか?

 子供を持つ親としては、温泉やプールなど、不特定多数が利用する場で新型インフルエンザに感染しないか? ちょっと心配なものです。
 日帰り温泉や温泉旅館、温浴施設、プール、ウォーターパーク、噴水などに入ると、新型インフルエンザ H1N1型 に感染しやすいのか、調べてみました。


 結論から先に申し上げますと、温泉の「温水」に入浴したり、プールの水で泳いだり、仮にプールなどの水を口に含んでしまった場合などを含めて、水中で泳いだり、水を飲むと言う行為からインフルエンザのウイルスに感染する可能性は非常に低いです。
 また、温泉の内湯や、屋内の温水プールなどは、湿度が高いので、空気感染の確率もかなり低いと言えます。
 ただし、一般的に言われている、ウイルスで汚染されている物の表面を触った自分の手から、目や鼻、口を触った場合に感染する可能性や、感染している人の咳やくしゃみによって発生した飛沫(しぶき)による空気感染による感染する可能性は全く無いとは言い切れません。

 水道水を含めて、温泉やプールなどの水には消毒のため「塩素」が加わっています。アメリカ疾病予防管理センターが推奨している殺菌濃度(プールでは1-3ppm、温泉では2-5ppm)の水中環境(遊離塩素レベル)において、H5N1型高病原性鳥インフルエンザを不活化させるのに有効だと最近の研究結果が出ています。
 2009年に流行ったH1N1型豚インフルエンザに関しては、流行が確認されて間もない為、まだ研究が進んでいませんが、鳥インフルエンザや季節性インフルエンザ同様に、水中が経路となって感染する可能性はないものと考えられます。
 ただし、温浴施設の場合「塩素消毒」をしていない浴槽では感染する可能性がないとは言い切れませんので、念のため記載しておきます。プールについては問題ないでしょう。
 とは言え、温浴施設やプールに出掛けると言う行動により、感染しないかと言うと別問題です。
 それは、水中ではなく、施設の利用によって感染する可能性があると言うことで、温浴施設やプールに限らず、図書館、電車、駅、スーパーを利用する場合と同じで、インフルエンザ感染者がたまたま利用していた場合において、ドアを触ったとき、ご飯を食べるとき、くしゃみした人の目の前に居たときなど、浴室以外の通路や休憩場所などにて通常の感染経路による感染する可能性自体は否定できません。
 ただし、屋内の温水プールや温泉の内湯では室内が加温・加湿されている状態=空気感染しにくい環境であるとも言えるので、楽しんでいる間はかえって感染しにくいと考えられます。

 しかしながら、もしも、施設がある周辺市町村で新型インフルエンザの患者が出ている場合は、お湯に浸かっている間は大丈夫でも、施設までの移動中や、更衣室のロッカーや券売機、扉のドアノブなどを触ったり、別の利用者のくしゃみなどから感染してしまう可能性があるので、訪れないと言う判断と言うよりは「必ずしも必要でない限り、外出はしない」と言う行動が賢明です。
 特に、慢性疾患がある方や、妊婦さん(妊娠初期は母体より胎児に影響する場合も)は外出を極力控えるべきでしょう。外国では妊娠8ヶ月の妊婦さんが実際に新型インフルエンザで死亡していますし、流産する方も多いようです。
 季節性インフルエンザウイルスに感染した人が、他人に移す可能性があるのは、発症の1日前から発症後の7日目までと考えられています。

 その為、温泉に行くとしても普段行う予防策と同じで、
 1. インフルエンザを持ち込まない=施設に入る前に手を消毒する。
 2.食事の直前には必ず手を良く洗う(または手をアルコール消毒する)
 3.帰る際には持参したうがい薬で、うがいする+手を良く洗う
 4,家に帰ったら、良く手を洗い、うがいをする
 と言う事が重要であると考えられます。



 最後に、体調が悪いときに温泉に入浴したり、プールに入ると、免疫力が弱っていますので、インフルエンザに限らず、病気に感染しやすいのは事実です。
 子供や自分の体調が悪いときは、不特定多数が入る温泉などでの入浴を避けるなど、自己管理も必要なのは言うまでもありません。

 インフルエンザにどうしても感染したくないと言う場合には、自宅から出ないで、どこにも行かない事が最良の策です。
 最後に、インフルエンザとは思わなくても、もし、37.5℃以上の発熱が発生した場合には、その時点の厚生労働省や行政の指示に従い行動し、もし直接病院に行かないようにと言う指示の場合には、いつものように病院にいかず、電話してどうすればよいか聞きましょう。

 なお、最良の策として、我が家では、冬季は2週間に1回程度、温泉で体を温め、大人は岩盤浴もすることで、自然治癒力を高めて、インフルエンザに掛からない免疫力を作っております。
 詳しくは「ゲルマニウム岩盤浴」をご覧ください。

 >温泉と塩素の話

 
 


関東周辺 子供と温泉だよ