温泉の元 火山の噴煙観光地シリーズ 北海道 函館市
 湯の川温泉の源泉   地図

北海道・湯の川温泉 源泉

 函館・湯の川温泉には36本の源泉がある。そのうち22本の源泉を函館水道局が管理しているが、その22本のうちの12本の源泉が、函館市営・熱帯植物園の敷地内で自然湧出(自噴)している。
 その源泉は混合され、近くの温泉旅館や銭湯に温泉として供給されているのだ。
 函館市営・熱帯植物園の敷地内には「ぬくもりベンチ(右写真)」と称して源泉がボコボコと自然湧出している所に「ベンチ」を設けて、温泉で暖かくなったベンチが数箇所ある他、温泉使用の足湯もある。(タオル持参)
 湯の川温泉の旅館や銭湯では感じられない、硫黄の臭いもこの源泉ではハッキリと感じることができる。

 >函館旅行記
 >北海道の日帰り温泉紹介



 ※写真はしかべ観光協会様より拝借いたしております。

 記載内容は小生が訪れた時点のもので、参考までに公開致しております。実際には異なる事項などがあっても、一切責任を負いかねます。施設側により改善・変更されている場合もありますので、施設HPなどをご覧の上、訪れるようお願い申し上げます。ポリシーはこちら

関東周辺 子供と温泉だよ ブログパーツ