関東周辺 子供と温泉だよ
 温泉とレジオネラ菌


 小生は子供がまだ1〜2歳の頃には、温泉などの温浴施設に子供を入浴させる際「レジオネラ菌」を一番心配し、抵抗力が弱い乳幼児を温泉に入れるかどうか悩んだものです。
 そんなレジオネラ菌について調べてみました。

レジオネラ菌とは

 最初にレジオネラ菌と断定されたのは1976年夏の事です。
 アメリカ合衆国ペンシルベニア州フィラデルフィアのホテルで米国在郷軍人会の大会が行われ、その参加者とホテル周辺を通行した住民など221名が原因不明の肺炎にかかり、29名が死亡した事件でした。
 調査の結果、肺炎は新らしく発見された菌によるもので、原因は会場近くの冷却塔からミスト状の水が飛散し、そのミストに菌が含まれており、人間の口から吸込んだ事により肺炎になったことが分かりました。新たしく発見されたこの細菌は在郷軍人 (legionnaire) にちなんで Legionella pneumophila (レジオネラ菌)と名づけられました。
 恐らくこの事件以前は単なる「肺炎」と診断されていたものが、肺炎の中にはレジオネラ菌によるものもあることが分かったのです。
 レジオネラ菌肺炎の症状としては、初期症状として全身倦怠、易疲労感、頭痛、食欲不振、筋肉痛など不定の症状で始まります。通常、咽頭痛や鼻炎などの上気道炎症状はみられません。喀痰はほとんど出ませんが、数日後に膿性痰の喀出が出て、発病3日以内に悪寒を伴って高熱となります。精神・神経学的異常の出現は本症の特徴とされており、全経過を通じて、逆行性健忘症、言語磋趺、傾眠、昏睡、幻覚、記憶力低下、四肢の振せん、頚部硬直、小脳失調などがみられる場合があります。胸部に異常陰影が出現してからは呼吸困難(肺炎)を発し胸の痛み、重篤感があり、適切な治療がなされないと発病から7日以内に死亡する例が多いです。

レジオネラ菌を浴槽に持ち込まない

 レジオネラ菌は本来、河川や湖や湿った土壌など自然界に普通に存在する菌です。舞い上がった土ほこりなどが体や顔に付着しているかも知れません。
 そんな体で浴槽に入れば、レジオネラ菌を浴槽へ運んでしまうことになります。
 そのような理由からも、浴槽に入る前には必ず体を洗い流す事が必要な訳です。
 なお、皆様のご家庭でタオルを洗濯した際に「外」に干しますよね。その、干したタオルは一見キレイに見えますが、舞い上がった土ぼこりなどが付着=レジオネラ菌が付着している可能性も充分あるのです。
 その為「タオルを浴槽に入れない」と言うルールも守ることが非常に重要です。
 当然ながら空気中を漂って自然に菌が浴槽や水中に入ることもありますが、利用者側も注意しないと、あなたがレジオネラ菌を持ち込んだ犯人にもなりかねません。

浴槽でレジオネラ菌が繁殖する

 自然界ではレジオネラ菌が大量繁殖することはありませんが、水を使用した設備のぬめり(アメーバなどの原虫)にレジオネラ菌が寄生して増殖します。
 その為、加湿器、給湯設備、家庭用24時間風呂、人工の滝、噴水などが感染源となる場合が有ります。極端な話、プールや公園での水遊びもや魚を飼育している水槽もキケンです。
 ただし、プールでの感染者がほとんどいないのは、プールはろ過による浄化や残留塩素等の確保を含めた水質基準が条例などの法律により、水道水と同じように明確に定められていることがあるようです。
 レジオネラ菌は36℃前後を好みますが15〜43℃で繁殖し、死滅するのは60℃以上で5分間以上のお湯でないといけません。その為、温泉などの温浴施設でもレジオネラ菌が繁殖して感染する可能性がある訳です。
 塩素消毒によりレジオネラ菌を殺菌することが出来、大変有効な手段です。ただし、その塩素も、レジオネラ菌が寄生した「ぬめり」(アメーバなどの原虫)には効かないのです。
 施設の管理意識がとても高く、清掃・消毒など注意をしていても、完全に防ぐことは難しく、レジオネラ菌が発生する時は発生してしまいます。もちろん日本だけでなく世界各国でも発生しています。

感染しやすい乳幼児や高齢者はどうしたら良いのか

 基本的には塩素消毒と毎日の水換え・浴槽清掃により、レジオネラ菌の発生を抑えていますので安全です。また、感染力はそれほど強くないので、健康な成人は抵抗力がまさり感染しても発症しない事がわかってきました。
 それでも心配な場合、一番の防止策はミスト状になった水分を口に入れないよう注意することです。
 例えば、打たせ湯をしない、打たせ湯の傍に近づかない、低温サウナも入らない。レジオネラ菌は水中に空気が多いと繁殖しやすいので、ジャグジー(気泡風呂)に入らないなどの注意が必要です。
 また、薬湯にも注意する必要があります。薬湯はその薬効で塩素消毒が効かない可能性もある他、施設によっては毎日換水していない可能性もあるからです。

小生が行った乳幼児の感染防止対策

 冒頭でも述べましたが、子供がまだ1〜2歳の頃、抵抗力を考えて、温浴施設に行くにあたり一番レジオネラ菌のことを心配しました。
 その為、最初の頃は循環式でない温泉施設=掛け流しの温泉施設を調べて訪れていました。
 ミストが出るもの(打たせ湯・ジャグジー)にはもちろん入れません。
 檜風呂のように、浴槽の縁などが木目でヌルヌルしているような、菌が繁殖しやすい浴槽も危険と言えば危険です。

 選択する重要点としては、循環ろ過装置を使用していない事、ジャグジー・打たせ湯など気泡発生装置がない事、源泉温度が60℃以上の温泉。この3つの要素となりました。

本当に注意すべきこと

 最後に付け加えますが、2006年のレジオネラ菌感染者は老人ホームや病院なども含めて517人(うち死亡率は5%前後)。日本人1億人いるとすると、率にして0.000517%です。交通事故死者が年間6500人=0.0065%で交通事故死する確率。お風呂場など温かい所から寒い場所への移動による急激な温度変化で亡くなった方が、年間14000人=0.014%です。
 実に、レジオネラ菌の感染者数よりも25倍以上、お風呂場の温度変化で心筋梗塞や脳卒中となり倒れてなくなる方のほうが遥かに多いことになります。
 よって、温泉に行く際に健康で一番気をつける事は、内湯から寒い露天に出る際などの温度変化であることは間違えありませんので、レジオネラ菌だけを目の敵のように心配するような事がないようにお願いします。

 レジオネラ菌 対策用品も市販されています

 
 レジオネラ菌などを除菌、次亜塩素酸水専用霧化器

関東周辺 子供と温泉だよ