長野県 上諏訪温泉
 片倉館 ★★ 地図

■温泉
 温泉施設の外見は資料館か昔の洋風会社事務所のようで、とても日帰り温泉とは思えない。
 1928年(昭和3年)に完成した鉄筋コンクリート2階建ての洋風建築で、長年地震にも耐えたという耐震強度を持つ、昭和初期のレトロな建物で諏訪市の指定文化財にもなっている。
 何かの施設だったものを、あとになって日帰り温泉施設に転換させたのかなと思ったら、最初から日帰り温泉施設として建設したと現地に行ってわかり驚いた。まさに日本の「洋風」日帰り温泉の老舗と言えよう。
 浴室は内湯だけで施設側は100人ほど入れると言っているが、表記は千人風呂。浴槽は深さが110cmもあり、大きさは400cm X 750cmと大きい。浴槽の淵には座って入浴できるが、中央部は立って入浴するタイプで底に固定されていない玉砂利が引かれており、足裏のマッサージにもなる。
 他には小さいながら、ラジウムを使用したジャグジー風呂も用意されている。
 洗い場はあとから付け足したのか、点在しており、数も少ない。またシャワーの水圧が異常に低いのが気になったが、そもそも日本のホテルにシャワーが設置され始めたのは昭和30年以降なので、それより30年前では想定外であったのだろう。
 ※写真は施設HPより拝借

温泉ソムリエより一言
 温泉は加水・循環・消毒のフルコースで、今となっては湯使いの設計が古い感が否めない。また、長野には良い温泉が多いので、当方の評価基準ではこのような★の数になってしまうが、サウナ部屋を健康に良いラドン温泉に改良するなど、利用者の為になる温泉提供の意思は引き継がれている。料金と言い館内の雰囲気と言い居心地と言い、一浴の価値があり、長湯できる適温温泉は、循環などはどうでも良いと感じた。観光客には人気のスポットとなっているが、地元の方がうらやましい。
 源泉は、諏訪市統合温泉七ツ釜配湯センター供給で、三ツ釜1号、三ツ釜2号、あやめ源泉の混合泉。源泉温度が64.5℃と高温の為、加水して冷ましている。

施設
 片倉館は、諏訪に製糸業を起こした片倉財閥の2代目の片倉兼太郎氏が1928年に地元住民や女工さんのためにと造った日帰り温泉。重厚な建物は大変趣があるレトロな洋風建築である。1927年(昭和2年)に財団法人認可を得た、財団法人片倉館の運営。
 靴は100円が戻るカギ式。受付で入浴料を支払う。
 脱衣所のロッカーは50円が戻らないカギ式。脱衣所にドライヤーとベビーベット有。
 現在は2階の休憩室も無料で利用できる、お菓子や軽食類の販売もあるが、食事提供は夕方で終了。別に家族室と言う3名〜10名の有料個室が2部屋あり、2名利用は2200円、3名以上は大人1人800円、子供1人500円となる。
 また、2階休憩室からバルコニーに出ると諏訪湖を展望できる。
 なお、諏訪湖ホテルに宿泊すると無料の入浴券が貰える。
一言特徴 昭和初期のレトロ温泉
泉質 単純温泉
pH 7.9
成分総計 0.6249g/kg
温泉特徴 無色透明
循環・加水あり
露天風呂 ×
混浴 ×
貸切風呂 ×
リンス なし
シャワー 節水型 水圧超弱い
ベビーバス 見当たらず
施設印象 レトロな日帰り温泉
大人料金 中学生より 500円
子供料金
幼児
3歳〜小学生 300円
0歳〜2歳まで 無料
乳幼児? 特に記載はなし
有料個室
食事提供 ○ 普通
公式HP 片倉館
 表の見方はこちら

朝風呂開始
 2009年4月1日より朝風呂開始。時間は朝6:00〜8:30(受付fは8時まで)。朝風呂の入浴料金は大人300円、子供(3歳〜小学生)200円。休憩室は利用できない。

子供ポイント
 脱衣所から浴室に出ると数段の階段を下がる格好になっており、足元が滑りやすいので注意。古い施設なので、その他、浴室内も各所滑りやすい。

アクセス
 中央本線・JR上諏訪駅より徒歩5分と駅からも近いので電車でも立ち寄りできる。
 諏訪湖湖畔にあるので地図を見て行こう。
 無料駐車場は諏訪湖畔側の道路から進入可能。大型バスも駐車可能。
 
お勧め近隣観光
 諏訪湖の第一湖畔公園まで徒歩数分。

 



 記載内容は小生が訪れた時点のもので、参考までに公開致しております。実際には異なる事項などがあっても、一切責任を負いかねます。
施設側により改善・変更されている場合もありますので、施設HPなどをご覧の上、訪れるようお願い申し上げます。ポリシーはこちら


関東周辺 子供と温泉だよ 相模原公園王国 お得に節約 自動車保険 比較 詳細情報  ブログパーツ