関東周辺 子供と温泉だよ
 旅館の日帰り入浴を利用する際の注意


旅館の日帰り入浴
 
 1990年代に不景気に突入してから旅館では収入を少しでも増やす為に、それまで宿泊者だけに提供していた温泉を日帰り入浴可能とする施設が増えた。
 中には日帰り入浴専門のフロントを新たに設置するなど積極的に展開している旅館もあるが、大半は消極的に日帰り入浴客を受け入れしている訳、旅館ホームページに日帰り入浴の案内が無くても現地に行くと日帰り入浴可能と表示している場合がある。

 日帰り入浴の料金はマチマチだが、平均して大人1000円〜1500円。安いところは500円、高いところは2500円と言った漢じか。子供料金については設定がある旅館もあれば、大人と同額と言うところもある。

 日帰り入浴でもタオルがつくような施設もあるが、基本的にタオルとバスタオルは持参した方が良い。

 注意しなくてはならないのは、日帰り入浴できる時間帯だ。基本的に宿泊客優先と言う立場を取っている旅館がほとんどなので、日帰り入浴できるのは大抵が昼12時〜午後15時の数時間である。最初から日帰り入浴目的で訪れるならば、事前に電話して確認しよう。子連れなら何歳から料金が必要かも聞いておこう。
 なお、小さい旅館では日帰り入浴可能な時間帯でも、清掃中でお湯が張られていない浴槽があったりするが、これは仕方ないところ・・。
 また、フロントで日帰り入浴を申し出るのだが、宿泊客を迎え入れる時のように係員は準備していないので、愛想が無い接客を受けることもある。平日など場合によっては、フロントやロビーに入っても電気が消されており、大声で呼んでも不在でと言うこともある。その場合は、あきらめるしかない。
 日帰り入浴で有料貸切風呂を利用したい場合は、日帰り入浴のときでも貸切風呂を利用できるか電話で確認しておくと良い。施設によっては予約制のところもあるだろう。
 また、日帰りの昼食プラン・夕食プランを利用する際には、事前に予約をしないとダメと言う施設もある。

 >日帰り温泉入門


関東周辺 子供と温泉だよ