埼玉県 サイボク天然温泉
 天然温泉 花鳥風月★★★★(3)
■温泉クチコミ情報

 2014年6月16日 営業再開。下記情報などは再開前の情報ですので、ご了承願います。情報が入り次第、更新致します。

 広大な埼牧の牧場跡地にて2004年にオープン。競馬ファンには喜ばれそうな温泉施設名だ。
 関東平野部では成分が薄い温泉が多いが、2000m採掘した温泉は40.6℃で毎分922リットルと湯量豊富。しかも成分総計が約7g/kgと効能が良く、良質な温泉である。
 内湯の「かけ湯」と「まきばの湯」は塩素消毒なしの源泉掛け流し。外には流水立ち浴/歩行浴やたる湯なとと露天風呂がある。露天風呂は4種類あり、それぞれ設定温度が異なり、浴槽により掛け流し・加温・加水循環など考慮されている。展望露天風呂には源泉が勢いよく注がれてやり、一番鮮度が良く感じた。ツルスベ感もあり、じっとしていたら泡付きも感じられた。
 なお、別料金になるが「石ノ湯」と言う、薬石ミネラル浴が1000円で利用できる。
 日曜の昼間訪れたが館内がゆったりしているせいか意外と激混と言う印象はなかった。
 ※写真は施設HPより拝借

温泉ソムリエより一言
 雑誌「自遊人」の温泉パスポートで再訪。「ご利用ありがとうございます」と快く迎えてくれて、気分も良く利用でき、結局館内で5000円以上は使用した。露天風呂の一番高いところにある展望風呂が掛け流し。また、掛け湯が加温なし・加水なしの掛け流しになっているので、上がり湯でも必ず掛け湯して欲しい。
 とても体が暖まる湯で、ポカポカと肌のツルツルが持続する。
 ただ、泉質が若干変わった?のか、最新の入浴時には琥珀色ではなく、薄い灰色に感じた。

施設
 入口を入り、右側の靴ロッカーは100円が戻る式。靴のカギを受付に提出し、入館料を支払うと、館内清算パスがもらえる。
 脱衣所ロッカーは好きなロッカーを使える100円が戻るカギ式。
 敷地が広く、料金が高いだけあって温泉施設は綺麗で充実。高級感もある建物内はどこも広くゆったり設計されており、車椅子の方も利用されていた。寝床やレストランと軽食処、パンや雑貨なども売っている売店などもあるので1日ゆっくりするのにも良いが、食事類は安くはない=その代わりおいしい。
 貸切個室は4室あり、2.5時間=2000円〜5000円。
 サイボクハムの敷地内にはバーベキューレストランや広大な芝生広場、ハムなどの大きな売店があり、一見すると豪華な道の駅と言う感じの総合施設だ。
 路線バスのバス停も温泉施設の目の前にある。

温泉スタンド
 毎分922Lも湧出しているので、温泉スタンドがある。
 駐車場に3機あり、20L=100円。ドライブスルー方式なので車を止めるのもラクラクだ。

 
  
一言特徴 充実浴槽と源泉掛け流し
泉質 ナトリウム-塩化物泉
pH8.1
成分総計 6.972g/kg
温泉特徴 薄い琥珀色(薄い灰色)
加温有・加水一部なし
循環式・一部掛け流し
露天風呂
混浴 ×
貸切風呂 ×
リンス シャンプーINタイプ
シュワー 節水型・水圧普通
ベビーバス 見当たらず
施設印象 立派な日帰り温泉施設
大人料金 高校生より 1500円
子供料金
幼児
4歳〜小学生 1000円
3歳児まで 無料
乳幼児? 子供ポイントに記載
有料個室
食事価格 高い
公式HP まきばの湯
 表の見方はこちら

子供ポイント
 更衣室にはベビーベットがあり、館内のトイレも機能充実で赤ちゃん連れにも良い。ただし、露天風呂スペースは滑りやすい・浴槽に深いところがある為、0歳〜3歳児は立入禁止となっている。内湯のみ利用可能だ。
 また混浴は小学生3年まで。
 館外にはアスレチック遊具があり、子豚も飼っているトントンハウスなどで遊べる。

アクセス
 圏央道の狭山・日高ICから車で約10分。駐車場は1000台で、大型バスも無料駐車可能。なお、駐車場が混雑していても温泉施設内は比較的余裕がある。
 電車の場合はJR埼京線・川越線の笠幡駅から東武バスで5分。

その他
サイボク天然温泉『まきばの湯』では、2012年12月6日より2013年3月末の予定で休館と発表。
しかし、その後2013年1月15日に閉館が発表された。
2012年11月30日に狭山保健所がレジオネラ菌による肺炎・下痢などを発症した利用者の聞き取り・確認をし、12月1日に18の浴槽で調査した結果、3つの浴槽から基準値を超えるレジオネラ菌が検出されたとの事。浴槽と患者から検出された菌が同一か調査している。
12月12日現在までに、11月19日〜28日に入浴した方のうちより合計4名が入院中で1人が重症。その後、8名が発症していたことが分かり、12月27日現在5名が入院中。
これを受け、まきばの湯では12月6日より営業を自粛しているが、法令上の定期検査(9月実施)では検出されていなかったと言う。
その後、12月27日に埼玉県より営業停止命令が出されたことを受け、無期限の休館を発表している。
レジオネラ菌は土ぼこりなど、自然界にいる菌です。レジオネラ菌が浴槽に入る最大の原因「タオルを浴槽のお湯につけてしまう」ことだと私は考えております。
特に泡が出る浴槽(ジャグジーなど)では、ミスト状の湿った空気を吸うことで、肺に入ってしまうのです。
よって、温泉や銭湯を利用する際には「タオルを絶対にお湯に入れない」「女性の長い髪の毛はゴムで縛る」「掛け湯してから入浴する」の3点に特に注意したいところです。
まきばの湯は、大変素晴らしい施設の日帰り温泉です。営業再開後は、より検査も密に行われるでしょうから、より安全になるかと推測します。
入院されている方の一日も早いご回復と、まきばの湯の安全な早期再開を願いつつ、ご報告させて頂いておりましたが、とても残念ながら閉館となりました。
評価にもあります通り、なかなか良い温泉だっただけに残念です。せめて、温泉スタンドだけでも残るとよかったのですが、ジェットなど廃止して、シンプルでも構いませんので、是非、日帰り温泉が再開される事を望んでおります。
私も含めまして、温泉を利用される場合には「タオルを浴槽に入れない」など、雑菌に対するマナー・自己防衛もきちんと行いたいと改めて感じております。

→ 2014年6月16日に「営業再開」 新店名は「天然温泉 花鳥風月」で、レジオネラ菌が発生しやすい、樽湯、霧装置、ミストサウナを廃止するなど、衛生面を中心にリニューアルした。




 記載内容は小生が訪れた時点のもので、参考までに公開致しております。実際には異なる事項などがあっても、一切責任を負いかねます。
施設側により改善・変更されている場合もありますので、施設HPなどをご覧の上、訪れるようお願い申し上げます。ポリシーはこちら


関東周辺 子供と温泉だよ 相模原公園王国 お得に節約 自動車保険 比較 詳細情報  ブログパーツ