埼玉県 宮沢湖温泉
 宮沢湖温泉 喜楽里 別邸 ★★★(3) 地図

■温泉クチコミ情報
 人造湖である宮沢湖の横の高台に2009年5月に開店した日帰り温泉施設。
 木々に囲まれた閑寂な場所に、趣きある和風の施設で、小学生未満は入館できない。
 浴室は建物1階の奥にあり、露天エリアの展望風呂は、木々の合間から宮沢湖の湖面を望む事が出来る景観。
 首都圏平野部にある日帰り温泉の多くが露天風呂と言っても、空が見えるだけと言うような環境なのに対して、ここまで景色が良い露天風呂は評価できる。
 露天の源泉風呂は、加温+消毒のかけ流しだが、冬季は熱い湯にする為、加温・加水となる。隣の展望風呂はその湯が流れ込む循環式。あと温泉使用の寝転び湯がある。
 しかし、その展望風呂の先端は、腰掛けて景観を堪能できる浴槽で、その手すりとなる淵から湯が廃湯されている趣向となっている。
 内湯は井戸水使用の白湯と、高濃度炭酸風呂があるが、炭酸風呂は約8名可能と、大きめなのがうれしい。
 ジェットなどの機能湯はなく、ゆったりと過せる雰囲気だ。
 建物の2階は、「温熱房&岩盤浴」となっているが、出入り自由&時間無制限なし。
 広い部屋内を43℃に暖めているモンゴル式の「ブルガマ(火釜)」が部屋中央にあり、その周囲に各種岩盤浴が点在する。
 窓際に枕を置いた岩盤浴が12、暗い小部屋の男女兼用には岩盤浴7床と、同じく女性専用岩盤浴は6床で、化石黄土×3(女性専用は2床)、不老石×2、天寿石×2の3種類の内訳である。
 他にも、寝台は木紋石(きもんせき)を使用した穴ぐら状の「岩盤房」が6床、ロフト風の1段高いスペースには薬宝玉石を使用した「リフレッシュ岩盤浴」9床。他にも低温岩盤浴もある。
 このように種類も豊富な岩盤浴が、基本料金にプラス380円程度で利用できるので、是非堪能して頂きたい。
 特筆すべき点はペットボトルを冷やして保管できる無料冷蔵庫が備え付けられているのと、気温3℃前後で4席あるクールルームもある。
 ※写真は施設HPより拝借

温泉ソムリエより一言
 子供がようやく小学生になったので、遅ればせながら訪れてみた。
 源泉は、白い湯の花も若干見られ、日によってはちょっと灰色がかった温泉になると言う、大変ツルツルする温泉だ。

施設
 入口を入り、右側の靴ロッカーは無料のカギ式。靴のカギは自分で管理。
 受付を済ますと館内清算バーコードをもらえる。入館料などは後払い方式。
 岩盤浴を利用する場合は、館内着・岩盤浴着・タオルセットを脇のカウンターで借りられる。
 脱衣所ロッカーは好きなロッカーを使える無料のカギ式。
 岩盤浴に行く場合は、風呂の脱衣所で着替えて行く。
 脱衣所には無料のドライヤー、綿棒など有。
 他にもアカスリ、マッサージなどもある。
 レストランは、そば店と、食べ放題の2種類。
 食べ放題は、地元の食材を使用した料理や、てんぷらもある。他にもチョコレートタワー、ソフトクリーム、シャーベットなどのデザートもあり、ドリンクも飲み放題だ。
 そして、レストランから宮沢湖の展望も良く、ちょっとした温泉観光地に旅行したような気分になれる。
 浴室もそうだが、館内には寝られるスペースが比較的多く、本当にゆったりと過す事ができる。
 路線バスのバス停も温泉施設の目の前にある。
  
一言特徴 景観素晴らしい露天
泉質 アルカリ性単純温泉
pH9.5
成分総計 0.8255g/kg
温泉特徴 無色透明
加温有・加水一部なし
循環式・一部掛け流し
露天風呂
混浴 ×
貸切風呂 ×
リンス シャンプー別タイプ
シュワー 節水型・水圧弱い
ベビーバス 見当たらず
施設印象 純和風の日帰り温泉
大人料金 中学生より
1280円〜1380円
※タオル・バスタオル・館内着付
子供料金
幼児
小学生 900円
※タオル・バスタオル付

未就学児不可
乳幼児? 子供ポイントに記載
有料個室 ×
食事価格 高い
公式HP 宮沢湖温泉 喜楽里 別邸
 表の見方はこちら



子供ポイント
 0歳児〜幼稚園児(未就学児)は入館不可。小学生でないと利用できないので注意。
 8歳以上は混浴不可。
 ゲームコーナー有。



アクセス
 圏央道の狭山・日高ICから車で約6km。駐車場300台無料。
 電車の場合は西武・池袋線の飯能駅からイーグルバスで約15分、宮沢湖温泉バス停下車。





 記載内容は小生が訪れた時点のもので、参考までに公開致しております。実際には異なる事項などがあっても、一切責任を負いかねます。
施設側により改善・変更されている場合もありますので、施設HPなどをご覧の上、訪れるようお願い申し上げます。ポリシーはこちら


関東周辺 子供と温泉だよ  お得に節約 自動車保険 比較 詳細情報  ブログパーツ