埼玉県 大滝温泉
 大滝温泉 遊湯館 ★★★ 地図

■温泉クチコミ情報
 秩父から塩山に抜けると言う埼玉と山梨を結ぶ唯一の道路・国道140号沿いにある道の駅「大滝温泉」に併設される日帰り温泉施設。
 脱衣所は受付がある1階だけでなく、地下にも同じ規模の脱衣所がある。1階は大きな湯舟の檜風呂、地下は岩風呂と各階にお風呂があるからだ。1階の脱衣場が混雑している時は、地下の脱衣場を利用するとすいている。ただし、1階と地下も脱衣所どおしが階段で繋がっているので、裸のまま、檜風呂と岩風呂の行き来もできる。
 内湯は荒川を眼下に望む比較的大きな湯舟で、ジェットもある。地下の岩風呂はちょっと小さめ。窓は開放しているので内湯同様に荒川が見えるが、建物内なので穴倉と言った方が良いか? 露天とは言えない。なお、サウナ類はなし。
 秋の紅葉時期にはきれいな山肌と荒川を望める。

温泉ソムリエより一言
 大滝温泉・三峰神の湯は、源泉温度31.1℃で毎分80リットルと湧出量が少ない。加水はないが加温の為循環、そして消毒(塩素+紫外線)している。施設の案内や外部サイトなどでは掛け流しと紹介されている事があるが、それは間違いでしっかりと廃湯を消毒して加温・循環している。源泉の浴槽投入口があるので、それを掛け流しと勘違いしているようだ。他にも高濃度は関東屈指などうたっているが、同じ埼玉県内だけでも5倍以上濃度が高い温泉も複数あるので、これも誇大広告と言える。
 アルカリ性なので意外とニュルニュルして、成分総計以上に、塩分を感じられ大変体が温まる温泉であるが、湯使いにもっと工夫があるとよかった。

※写真は施設HPより拝借

■施設
 1992年に源泉湧出成功。そして1994年に開館した。
 入口を入ると右側に券売機があるので、購入して受付に提出。そして、靴をロッカーに入れるのだが、100円が戻る式の靴ロッカーと、無料の棚式の2種類がある。靴のカギは自分で管理。
 脱衣所はカゴ式。100円が戻らない貴重品ロッカーもあった。ドライヤー有。
 売店には秩父の名水・お菓子・お土産類が並ぶ。奥に畳敷きの大広間があり、無料で休憩できる。
 個室は7.5畳60分=1000円、10畳60分=1500円の2タイプ。
 食事は温泉施設内でもそば・うどんなどの軽食系が食べられるが、グルメな方は同じ道の駅内にあるレストランのほうがメニューも豊富で良いだろう。

お勧め近隣観光
 秩父キッズパークが3歳〜7歳程度の遊び場として大変お勧め。雨でも遊べるような工夫も見られる。

一言特徴 荒川を望む内湯
泉質 ナトリウム・塩化物温泉
pH8.4
成分総計 5.892g/kg
温泉特徴 無色透明
加温有・加水なし
循環式
露天風呂 ×
混浴 ×
貸切風呂 ×
リンス シャンプーINタイプ
シャワー 節水型・圧力弱い
ベビーバス 見当たらず
施設印象 公共日帰り専門型
大人料金
価格帯
中学生より
600円
子供料金
幼児
小学生 300円
0歳〜幼児 150円
乳幼児? 特に記載はなし
有料個室 ○ 2室
食事価格 普通(セルフ式)
公式HP 大滝温泉 遊湯館
 表の見方はこちら

子供ポイント
 10歳からは異性の親と入浴ダメ。また、地下にゲームコーナーやガチャガチャもある。
 お風呂場は滑りやすいので注意が必要。



アクセス
 西武鉄道の西武秩父駅より西武急行バス・三峰神社行きバス利用「大滝温泉遊湯館」前下車。本数は1日数便なので注意。
 駐車場は道の駅全体で80台。GWなどには混雑して駐車できないことも。地図を見て行こう。
 

 


 記載内容は小生が訪れた時点のもので、参考までに公開致しております。実際には異なる事項などがあっても、一切責任を負いかねます。
施設側により改善・変更されている場合もありますので、施設HPなどをご覧の上、訪れるようお願い申し上げます。ポリシーはこちら


関東周辺 子供と温泉だよ    お得に節約 自動車保険 比較 詳細情報  ブログパーツ