関東周辺 子供と温泉だよ
 温泉に必要な塩素消毒と塩素消毒なしの温泉


温泉の塩素消毒について

 よくHPで温泉のレポートやブログなどを拝見致しますと「塩素臭い」だとか「カルキ臭がする」などと、塩素を懸念するような記載がされているのを目に致します。
 ひどいところでは「塩素撲滅」と言うような表現まで記載している温泉紹介サイトも見受けられます。 塩素は新型インフルエンザを抑える働きもありますので、感染したいの?と疑問を感じてしまいます。

 塩素はご存知のとおり、水道水に添加していることで良く知られております。水道水を安全に飲む為に塩素が加えられている訳です。
 その水道水に添加される塩素のおかげで、水中の雑菌類が減少し、乳幼児の死亡率が低下。コレラ、赤痢、腸チフスなどの伝染病もほとんどなくなりました。
 当然ながら、温泉に関しても塩素を適切に加えることにより、私たちは安全に入浴できる訳です。
 でも、塩素を温泉や水に入れただけでは塩素臭(カルキ臭)はしません。

 塩素臭(カルキ臭)は、水中の有機物(病原微生物)と塩素が反応(消毒)して、初めて臭いが発生するのです。
 温泉では塩素がアンモニアなどと結合すると塩素臭を出し、タオルや髪の毛に付着して塩素臭がします。
 要するに、塩素の臭いがすると言う事は正しく病原微生物などを除去できていると言う事にほかなりません。温泉などが塩素臭いと言う事は安全に入浴できると言う事でもあります。
 
 ただし、人間にとって塩素は良くない部分もあります。
 しかしながら、良くない部分を差し引きしても、塩素のお陰で多くの健康を得ているのも事実です。それなのに、一方的に塩素を嫌うような発言を目にするたびに、小生はビックリしてしまいます。
 不特定多数が入浴するのに、殺菌作用が無い温泉で、塩素もなく、大腸菌はおろか劇症肺炎を引き起こすレジオネラ菌も撃退できず、あなたが病気になるのと、塩素のお陰で病気にならずにまた温泉に入りに行けるのとどちらが良いでしょうか?

 家庭の水道水でも浄水器を付けたからと言って100%塩素を除去できる訳ではありません。
 もともと塩素が嫌だと言う場合は、山奥のキレイな水源の水を飲むか、塩素が含まれないミネラルウォーターを購入して飲むしかないでしょう。
 これと同じように、温泉においても塩素が嫌だようと言う場合は、山奥に湧出する酸性湯や、付近の環境や入浴する人数から塩素が必要ない温泉に入るか、極端な話、温泉水を大量に購入して自宅で自分ひとりお風呂に入るしかないと言う訳です。

 このように、温泉地でもないのに穴を掘って地下水を汲み上げているような、気軽に行ける近隣の温泉を利用しているのに、塩素塩素と気にするのはいかがなものかと思うのは小生だけでしょうか?
 確かに塩素は肌に影響を与えることもあります。塩素によりアトピーが悪化することも考えられます。
 アトピーの子を持つ親御さんや、アトピーで苦しんでいる方には冷たく受け止められるかも存じませんが、水道や温泉から塩素が無くなれば、アトピーは悪化しなくて済むかも知れません。ただし、その代償は「死」に繋がるかも知れない、コレラ、レジオネラなどの大量繁殖を誘発する可能性が高くなるのです。
 ちなみに小生は、自宅にて塩素除去のシャワーヘッド使用したり、塩素を取り除く入浴剤も毎日とは申しませんが使用しています。要するに小生も塩素はできれば無い方が良いと思っています。しかしながら、単純に塩素がキライだとは言いたくありません。知らない間に、塩素にも助けてもらって健康に生活できているからです。

 温泉に塩素を使用する/しないは、概ね、その地域を担当する「保健所」の指導によるものが大半です。都市部ではほとんど塩素投入が義務化されており、当たり前になっています。観光地や町でもだいたい塩素投入です。
 塩素不要なところは、近くに民家がなく入浴する人も少ない温泉か、殺菌力が強い酸性湯や強塩泉なのか、よっぽど湧出量が多く新鮮な湯が大量に注がれている温泉、もしくは病気になっても責任を負う者がいない、無管理の温泉くらいでしょう。

 温泉に取って一番良いのは、単純に塩素を投入しないと言う事ではなくて、温泉を提供する施設側が、湧出量に見合った浴槽の大きさで、出来る限り新鮮な温泉が常時提供される設計と管理を行い、塩素投入をしなくても、キレイなお湯を保てるようにすることだと存じます。

 しかしながら、現状では大量に利用者を得たい営業が優先され、湧出量が少ないのに大きな浴槽にして、新鮮なお湯が足りず、循環式を採用して消毒している施設が多いのが現状です。また、施設によっては、営業停止や印象悪化を恐れて、レジオネラ菌などを心配する余りに、塩素を必要以上に入れている所もあるようで、塩素の量や消毒方法に関しては、改善できる余地があるのではと存じております。
 ただし、利用者側としても、湧出湯量が少ない温泉や循環式のお湯において塩素くさいと言う事は、それだけ安全なお湯が提供されているんだと言う事を、是非忘れないで欲しいです。

 話は変わりますがごめんなさい。
 オレンジジュースは100%果汁がありますが、1%のオレンジ果汁が入っているだけでオレンジジュースと名乗れます。それと同じように、天然温泉においても99%が水(加水)でも、1%が天然温泉水であればそのお風呂は「温泉」と名乗れ、「いい湯だね」なんて言いながら入る人々を騙すような現行制度の方がよっぽど問題だと思います
 加水するのには湧出量が少なく、温泉を加えるだけでは排出される量に追いつかないので大きな浴槽を満たす為に加水するのと、湧出する温泉がとても熱いので安易に加水して冷ます、濃い温泉濃度の場合には浴槽や循環装置を守ると言う3つの理由があります。
 例えば、温泉水に加水するのであれば、何パーセント程度加水しているのか表示しなくてはならないような法律はありません。しかし、温泉に加水すれば当然温泉成分は薄くなってしまいます。果汁何パーセントとジュース表示があるように、100%温泉でないのであれば、温泉が何パーセントで、水が何パーセントと言う表示がされるべきでだと存じます。また、加水しているにも関らず、加水割合が知らされないのであれば、よくありがちなワインに水を入れて偽装している事のように、ある意味利用者を欺いていると言えると存じます。
 もちろん、外気温が低い冬季は加水なしでも、外気温が高い夏季だけは加水するなど、季節によっても割合が異なると存じますので、一概にいつも何パーセント加水していますと、施設側もわかりにくいと言う理由があるのかも知れません。
 そんな中、何百年も前より高温の温泉を加水して冷ますのではなく、「自然冷却」や「湯もみ」して冷ますことによりり温泉成分を損なわず提供する努力をしてきた草津温泉などもあるのです。
 このように与えられた温泉資源において安全で尚且つ少しでも良い温泉(泉質)を提供しようと言う温泉管理こそが温泉施設に問われるのではないでしょうか?


塩素消毒を行っていない温泉

 塩素などを入れていない、消毒なしの浴槽がある温泉施設を集めてみました。

 草津温泉 ぬ志勇旅館  殺菌力が強い酸性湯の白旗源泉使用
 草津温泉 西の河原露天風呂  殺菌力がとても強い酸性湯の万代鉱源泉使用
 草津温泉 大滝乃湯  殺菌力が強い酸性湯の万代鉱源泉&煮川源泉使用
 草津温泉 地蔵の湯  殺菌力が強い酸性湯の地蔵源泉使用
 草津温泉 ベルツ温泉センター  殺菌力が強い酸性湯の万代鉱源泉使用
 層雲峡観光ホテル  湯量豊富で内湯も露天も塩素なし
 湯の川温泉 大盛湯  消毒なしだがお湯が熱い?
 東前温泉 しんわの湯  湯量豊富で消毒なし
 蔵王温泉 おおみや旅館  強い酸性湯で殺菌力強く消毒添加する必要なし
 鷲倉温泉  湯量豊富で消毒不要
 新野地温泉 相模屋旅館  湯量豊富で消毒不要
 中ノ沢温泉 白城屋  酸性湯で殺菌力がある
 四万温泉 四万グランドホテル  加水しているが消毒なしの掛け流し
 金島温泉 富貴の湯  内湯も露天もすべて塩素投入なし
 喜連川温泉 喜連川早乙女温泉  湯量豊富で消毒不要
 行田・湯本天然温泉 茂美の湯 100%源泉掛け流し浴槽がある
 稲城天然温泉 季乃彩  露天にある岩風呂が塩素なし
 河辺温泉 梅の湯  露天にあるひのき風呂1つが塩素無し
 ざぶん 瀬谷目黒店 露天の大きな浴槽が塩素なしの掛け流し
 ざぶん 相模原店  露天の円形風呂が消毒なしの掛け流し
 青根緑の休暇村いやしの湯 内湯にある掛け流し風呂が消毒なし
 藤野 やまなみ温泉 内湯にある源泉掛け流し風呂が消毒なし
 ふじの温泉 東尾垂の湯  循環している露天風呂以外は塩素消毒無し
 箱根湯本 かっぱ天国  露天風呂だけの日帰り温泉。消毒なし。
 北川温泉 星のホテル  内湯も貸切露天もすべて消毒なしの掛け流し
 北川温泉 黒根岩風呂  有名露天風呂も掛け流しで消毒なし
 西山温泉 湯島の湯  すべての浴槽100%源泉掛け流しで消毒もなし
 奈良田温泉 奈良田の里温泉  すべての浴槽100%源泉掛け流しで消毒もなし
 万座プリンスホテル  すべての浴槽で加水はあるがすべて消毒はしていない
 万座温泉 万座ホテル聚楽  すべての浴槽が源泉掛け流しの酸性湯
 蔦木温泉 つたの湯  内湯の源泉風呂が消毒なしの100%掛け流し
 乗鞍高原温泉 湯けむり館  白濁の酸性湯で殺菌力があり消毒必要なし
 渋温泉 大湯  湯量豊富でもちろん消毒なし
 長嶺温泉  湯量豊富で消毒なしの、意外な良湯
 野沢温泉 滝の湯  湯量豊富でもちろん消毒なし
 野沢温泉 麻釜湯  湯量豊富でもちろん消毒なし
 野沢温泉 真湯  湯量豊富でもちろん消毒なし
 野沢温泉 大湯  湯量豊富でもちろん消毒なし
 野沢温泉 秋葉の湯  湯量豊富でもちろん消毒なし
 毒沢温泉 神乃湯  日本秘湯の宿、加温のため循環も消毒なし
 新穂高温泉 水明館佳留萱山荘  日本秘湯の宿だが日帰り入浴も大丈夫。湯量豊富で消毒なし
 新穂高温泉 槍見館  日本秘湯の宿だが日帰り入浴も可能。川のすぐ傍の露天


 ※すべての浴槽が塩素消毒なしではなく、1つでも塩素消毒していない温泉浴槽があれば記載させて頂いております。なお、記憶があいまいな施設や塩素投入が不明な施設は記載していません。塩素なしに該当する情報をお持ちであれば追加表示致しますので、ご指摘賜りますと幸いです。

 塩素除去 シャワーヘッドなども市販されています

  

関東周辺 子供と温泉だよ