山梨県
 ほったらかし温泉 あっちの湯・こっちの湯 ★★★(5)

■由来・温泉クチコミ情報
 行きたいと思っているうちにテレビでも大々的に紹介されてしまい、今では観光バスも来ると言う名実ともに超有名な温泉となってしまった「ほったらかし温泉」だが、恥ずかしながらようやく行く機会に恵まれた。
 大きな露天風呂が主体の施設で、甲府盆地や富士山を望みながら温泉に浸かることができる。山の上と言う事もあり、とても開放感も良く、標高670mと日本でも屈指の展望が良い温泉だ。ちなみに、夜には甲府盆地の夜景も素晴らしい。窓や塀など遮る物がなく露天風呂に首まで浸かりながら街の夜景が見れる温泉は、他に余り思いつかない。
 温泉名の由来はそもそも温泉を「ほったらかし」にしていたからだ。元々は、参議院議員を12年勤め、戦後の大変な中、戦災孤児100人や身寄りのないお年寄り100人を保護し、勲二等瑞宝章も受章した故・常岡一郎氏が創設した社会福祉法人・中心会が高齢者向け施設を開発しようとした際、1995年に掘り当てた温泉。
 しかし、バブル崩壊のさなかと言う事もあり、保養施設の計画は頓挫し、温泉を止めてしまうと出なくなるので、簡単な露天風呂(当然混浴)を1つだけ作って無料開放=「ほったらかし」にしていた為、地元では「ほったらかし温泉」と呼ばれていたのだ。
 小生の知る限り3年間は手作り露天風呂が1つの状態だった。温泉マニアの間では、甲府の山の中の露天風呂と秘湯ムード、しかも無料と言う評判がクチコミで知られていった。その頃、小生も名も無いこの甲府の無料温泉を知り、行きたいと思いつつ、恥ずかしながら約10年間も「ほったらかし」にしてしまっていた。
 その後、福祉団体「中心会」の名称を取り「中心の湯」(現在のこっちの湯)が1999年に有料営業開始した。展望の良い温泉でもあり、クチコミで訪れる人が多くなると、掛け流しだったお湯の衛生管理の改善を保健所から求められたのが有料営業開始のキッカケの1つとなったようである。
 当初は着替える為の小屋が1つある程度で、山道も未舗装。昔はキャンプ場もあった。
 しかし、訪れる人は年々更に増えて、付帯施設が1つ1つと徐々に追加され、入浴者が増えたことにより、掛け流しも循環式に変わり、現在のように、館内ではないが屋外に立派な団体休憩所や軽食コーナーなどもできた。また山道も完全ではないが一応舗装された。これらの工事は施設を管理する中心会の従業員が基本的に「手作り」で行っている。
 また、新しく源泉を掘ると41.4度でpH10.1と言う更に良い条件の温泉に当たり、敷地内に2つ目の「あっちの湯」が開業した。淡黄褐色澄明で水がやわらかくヌルヌルするお湯で、いわゆる美人の湯だ。ただし、混雑時は循環されるので、ほんとうに温泉?と思うくらい残念な湯になってしまう。でも内湯は比較的温泉の良さを感じられるので、混雑時は内湯を仕上げ湯にすると良い。
 タクシーで訪れる方も良く見かけるが、自家用車のナンバーも札幌から鹿児島など、全国から年間40万人が訪れる人気温泉施設である。
 夕方に来る観光バスのツアー客が到着すると、あっちの湯もこっちの湯も混雑する。また、ツアー客は「露天風呂になんで屋根がないのか? 雨が降ったらどうするのか?」などと、理解に苦しむ発言があったりもして、とてもガッカリする。循環させない日もあるとうたっているが、それは雨天など入浴者が少ないときに限るようだ。最近はほとんど毎日循環しているようで、泉質的には掛け流しである近所の「赤松の湯」の方が良いような気がするのは小生だけだろうか? でも、自然の雄大さも楽しめるのは、ほったらかしの方が上であることは間違えない。
 ちなみに、景色が売りの温泉なので、草で編んだ「笠」が浴室に置いてあるので、雨の日には笠を頭にかぶって露天風呂入浴できるように工夫もされている。
 景色派の方は甲府盆地を南から見下ろすみたまの湯も訪れる方が多いようだ。
 ※写真は施設HPより拝借

温泉ソムリエより一言
 温泉だけに関して言えば、pHは高いが、その他は特徴の無い成分総計がかなり低い泉質なので、湯はシンプルで高齢者でも安心して入れる温泉である。
 小生が訪れた際には山のほうに重機を入れて3番目の源泉「そっちの湯(仮名)」を掘っているようだった。しばらく振りに訪れると何か変わっていると言う楽しみがある温泉施設でもある。


施設
 入口にある券売機で入浴券を購入し、受付に出す。再入浴は不可。
 あっちの湯とこっちの湯は別れているので両方入るのは一度着替えて外に出て歩いて、また入浴券を別途購入する必要がある。
 なお、利用客が少ない冬季はあっちの湯が閉鎖されている場合もあるようだ。
 更衣室はカゴ式と、一部は100円が戻らない鍵つきロッカーになっている。
 また、良くある日帰り温泉施設のように、館内に食堂やマッサージなどはない。ドライヤーは無料。
 外に屋根つきの野外食堂があるので、食事をするには一度退館して外に出なくてはならない。
 また、ごろ寝できるような休憩施設はなし。(団体用の休憩室は別途有)
 あっちの湯やロータリー付近においしい天然水(井戸水)を無料で飲める設備もある。
 久しぶりに再訪したら、駐車場への誘導路が奥の道から入るように変更されてました。しかし、相変わらず、浴室(露天エリア)で写真撮影するマナー違反(日本人に見える外国人?)も見受けられ、幻滅・・。当たり前ですが、裸の場所での写真撮影は謹みましょう。
 でも、軽食売店の揚玉子、半熟で大変おしいかったですよ。

お勧め近隣観光
 ほったらかし温泉に登る途中、笛吹川フルーツ公園がある。駐車場も無料なので是非散策してみよう。夏なら水遊びもできる。
 また、ぶどう狩りなども近隣でたくさん行われているので味覚も楽しみだ。


一言特徴 露天からの雄大な展望
泉質 こっちの湯
アルカリ性単純温泉
pH9.68
成分総計 0.106g/kg
あっちの湯
アルカリ性単純温泉
pH10.1
成分総計 0.178g/kg
温泉特徴 無色透明
加温有・加水なし
循環式(すいている時は掛け流し)
露天風呂
混浴 ×
貸切風呂 ×
リンス シャンプーINタイプ
シャワー 節水型・圧力弱い
ベビーバス ×
施設印象 ほったて小屋風
日帰り専門
大人料金 中学生より 800円
子供料金 0歳〜小学生 400円
乳幼児? オムツが取れない乳幼児は入浴不可
有料個室 ×
食事価格 安い(セルフ式)※屋外
公式HP ほったらかし温泉
 表の見方はこちら

アクセス「カーナビ注意」
 某大手地図の古い地図では位置が間違っている為、カーナビでの位置も間違った表示となっている。
 北海道や九州からも車で訪れる方がいるようだが、フルーツ公園内の道路を通過して登る道路は初めてだと迷うので事前によく地図にて確認してから安全運転で訪れて欲しい。駐車場は280台。



子供ポイント
 オムツが取れない乳幼児は入浴ダメと表示がある。ただし、あっちの湯の女子更衣室にはベビーベットがあった。なんとも矛盾している。
 小生の娘(当時4歳)が草津温泉の次に気に入っていた温泉。

欲を言えば
 多い時には1日5000人も訪れる人気施設であるが、全体的には使い勝手が悪い施設と言える。具体的には下記の内容。
 駐車場が舗装されておらず、せっかく髪の毛をキレイに洗っても、風が吹いたり、車が走行すると、砂ぼこりが髪や顔に付着する。また、人間がキレイになっても、帰る時には車が砂ぼこりで汚れていることも。
 砂ぼこりが体についたまま入浴すると、レジオネラ菌などを浴槽に持ち込んでしまうことにもなるので、砂ぼこり対策は必要だと感じる。
 100円ロッカーはお金が戻らない。
 シャワーの水圧が低すぎて、シャンプーが頭に残っている感じがしてしまう。
 循環している時は、温泉と感じられない。
 食事をしていても、地面は「土」なので、砂ぼこりが舞い上がる場合がある。
 あっちの湯とこっちの湯の両方に入浴する場合は、大人で1600円必要で割引も無く、0歳児から子供料金必要。


 

 記載内容は小生が訪れた時点のもので、参考までに公開致しております。実際には異なる事項などがあっても、一切責任を負いかねます。
施設側により改善・変更されている場合もありますので、施設HPなどをご覧の上、訪れるようお願い申し上げます。ポリシーはこちら



関東周辺 子供と温泉だよ  子供と旅行だよ  温泉旅館ベスト100  お得に節約 自動車保険  ブログパーツ