山梨県 秋山温泉
 新湯治湯 秋山温泉 (あきやまネスパ) ★★★★(6)

■温泉クチコミ情報
 源泉は毎分200リットル湧出で36.8℃とぬるめ。
 内湯には、その源泉を加水なし・加温なし・消毒なし・循環なしの100%掛け流しで提供されている「源泉浴槽」がある。
 冬はさすがにジワジワと体が冷えて行くが、夏場は快適だ。加温してある高温浴槽もあるので、交互に入力すれば温浴効果が高まる。
 泉質はpHが9.8と比較的高く、肌がツルツルになる温泉。
 以前は料金が高かったのだが、2007年4月より運営を民間に委託し料金も改定。以前はタオル・バスタオル・館内着つきだったが、現在はタオル類は別途料金必要。
 正式な源泉名:秋山雛鶴の湯は、津久井や秋山に伝わる雛鶴姫伝説から命名されている。
 ※写真は施設HPより拝借

スパ
 スパは水着を着て入るゾーンで、追加料金が無くなった。プールの水は、温泉水が使われている。
 面白いのは基本的には屋内スパなのだが、野外へ繋がる水路があって、屋外にちょっとした流れるプールがある。もちろん温かい温泉水なので寒い冬でも屋外プールが楽しめ子供にも人気である。
 意外と更衣室とスパが繋がっていない公共施設が多い中、秋山ネスパはスパ←更衣室→温泉と、更衣室がきちんと繋がっているので、着替え無駄が無く便利だ。
 プールは120cm〜135cmの水深なので、幼児は浮輪があると良い。浮輪は90cmまでのタイプが持ち込み可能。空気もプール内の売場でお願いすれば、空気を入れてくれる。ビーチボールは不可。また、無料貸し出しのビートバンは25mプールのみ使用可能。泳ぐ場合は、大人も子供も「水泳キャップ」が必要なので持参したい。
 乳幼児は、水泳用オムツを履いた上に、水着を着用してプール利用可能。
 プールサイドにはタオル持参で行こう。

■施設
 玄関を入ると正面に100円が戻る式の靴ロッカーがある。靴のカギを受付に提出して、入館料支払いをする。JAF割引も使えるし、公式HPに割引券もあるので、利用したい。
 受付を済ますと、すると、ロッカーキー兼館内用精算キーをもらえる。
 脱衣所には、ベビーベット、ドライヤー、くし、ブラシ完備。プール入口には、水着の脱水機もある。
 2階に食堂や睡眠場所があるので1日ゆっくりできる。完全無農薬サラダなどがお勧め。
 フロント周辺の休憩スペースには保健所公認の飲泉もある。有料個室は1時間800円と安い。
 行楽シーズンの日曜・祝日は混雑。駐車場も満杯となり止めるのに苦労する。
 館内が8割ほどの混雑になると入場規制するので、週末は朝一番に到着するように行こう。
 付帯設備としては、ソフト岩盤浴や、機械の全身指圧マッサージ機などの他、足裏マッサージや整体などもある。

子供ポイント
 これだけ充実した施設で幼稚園児まで無料はとてもうれしい。
 おむつの取れてない乳幼児は、水遊びパンツをはいて、その上に水着を着用でプール利用可能。なお、温泉は、ベビーバス利用で、浴槽には入れないので、ルールは守ろう。
 時間制限もなく、プールがあるスパも楽しめるので、水着・水泳キャップ・ゴーグル持参で出掛けて頂きたい。
 プールサイドと浴室は滑りやすいので、走らないように注意。
 食堂はお子様プレートやお子様カレーなどがある。

付近のお勧めキャンプ場

 さがさわキャンプ場 レポート
 
一言特徴 子供も喜ぶ充実施設
泉質 アルカリ性単純温泉
pH9.8
成分総計 0.518g/kg
温泉特徴 無色透明・無臭
掛け流し有
露天風呂 ○ 
混浴 水着着用プールで可
貸切風呂 ×
リンス シャンプー別タイプ
シャワー 流し放題型・圧力強
ベビーバス ○ お風呂場
施設印象 日帰り専門施設
大人料金 高校生より 700円
子供料金
幼児
小・中学生 500円
幼稚園児まで無料
乳幼児? 特に記載はなし
有料個室
食事価格 高い
公式HP あきやまネスパ
 表の見方はこちら

アクセス
 山の中なのでアクセスはちっょと不便。地図を良く見て行こう。上野原駅からはタクシーで約15分。中央高速の上野原ICからは車で約10分といったところか。
 また、上野原駅より1時間に1本無料送迎バスもあるが、日曜日は運休する。




 記載内容は小生が訪れた時点のもので、参考までに公開致しております。実際には異なる事項などがあっても、一切責任を負いかねます。
施設側により改善・変更されている場合もありますので、施設HPなどをご覧の上、訪れるようお願い申し上げます。ポリシーはこちら


関東周辺 子供と温泉だよ 相模原公園王国 お得に節約 自動車保険 比較 詳細情報  ブログパーツ

 引用元:秋山温泉