山梨県 丹波山村
 丹波山温泉 のめこい湯  ★★★ 地図

■温泉
 最近、観光に力を入れている丹波山村の人口は約700人。そんな村の日帰り温泉施設。
 「のめこい」とは、丹波村の方言「のめっこい」から名づけられたもので、つるつるとかすべすべすると言う意味だ。
 大浴場は「ローマ浴場」と「和風浴場」とあり、男女が日替わりで交代する。
 内湯は42℃の浴槽と、38℃と長湯できるぬるめの浴槽と分かれており、ジェットもある。また、通常の乾式サウナと低温サウナに水風呂もある。
 露天は屋根つきで、なにぶん谷底で、周りからに見えてしまうので、目隠しがしっかりあって、あまり展望は良ろしくないが、打たせ湯から新湯投入の模様。
 いずれも湯口からはハッキリと硫黄のニオイがして、湯上り後に肌が乾燥すると、ツルツルになっていると言う硫黄泉なのにpHが高いと言う特徴のある温泉であり、地元の人がうらやましい。

温泉ソムリエより一言
 44.3℃の源泉は毎分160リットル湧出。
 上がり湯と称した掛け湯は源泉そのままなようで、一番硫黄のニオイがする。脱衣所に上がる前には是非体に何杯も掛けてから上がって欲しい。
 温泉の色合いは白濁する場合や、薄い場合など、天候によっても左右されるようだ。欲を言えば、小さくて良いので源泉掛け流し浴槽が欲しかった・・。

施設
 道の駅「たばやま」の駐車場から、多摩川の上流にあたる丹波川に降りて行き、約50mある近代的なつり橋を渡った対岸に温泉施設がある。
 入口を入り、靴をロッカーに入れて鍵を掛けて、靴のカギは自分で管理。受付で入館料を支払い、帰る際にレシートを提出する仕組み。
 食堂は川魚料理や名物になる「そば」を中心としたメニューだが、水が良いのだろう。どれもおいしく頂ける。
 1階大広間は50名、2階は4部屋前後に分かれており、合計120名の畳部屋になっており、お酒類以外は持込可能なようだ。
 天気がよければ、施設近くを散策したり、お弁当を持参して、自然豊かな川岸で食べてから温泉に入るのも良いだろう。
 脱衣所のロッカーは100円が戻るカギ式で、ドアの外ではなく、内側に100円を入れる場所があるので注意。脱衣所にはベビーベットとオムツ捨てゴミ箱あり。
 コインマッサージがある場所に、小さいながらキッズルームがあり、絵本などが置いてある。また身体障害者用トイレもある。
 アカスリやマッサージなどのサービスはないが、素朴で非常に良い雰囲気である。
 日曜日に訪れたが混雑していなかった。但し、紅葉シーズンなどは道路も含めて混雑することが予想される。

子供ポイント
 車に酔いやすい場合は「酔い止め薬」を持参しよう。
 丹波川へ降りて、水遊びする場合は、ウォーターシューズがあると良いだろう。
 施設内にはキッズルーム有。浴室内は滑りやすいので、走らないように。

近隣観光
 有名なローラー滑り台や、村営の釣り場などもある。
 近くの小菅村には小菅の湯があるので、せっかくここまで来たらハシゴしたい。

 
一言特徴 硫黄の香り漂う微白濁湯
泉質 単純硫黄泉
pH9.8
成分総計 0.2585g/kg
温泉特徴 薄い白濁
加温有・加水なし
循環式
露天風呂
混浴 ×
貸切風呂 ×
リンス シャンプー別タイプ
シャワー 流し放題・圧力普通
ベビーバス 見当たらず
施設印象 清潔な日帰り温泉施設
大人料金
価格帯
中学生より
600円 (3時間)
子供料金
幼児
小学生 300円(3時間)
0歳〜幼稚園児 無料
乳幼児? 特に記載はなし
有料個室 なし
食事価格 普通〜高い セルフ式
公式HP 丹波山村HP
 表の見方はこちら



アクセス
 とにかく山奥にあると言う感想。とょっとしたドライブだ。東京からは、奥多摩の更に奥になる。圏央道の青梅ICより奥多摩方面、約80分。
 山梨からは、武田信玄の黒川金山があった丹波と山奥。中央道の勝沼I.Cより国道411号で塩山経由60分。途中の柳沢峠は細くて険しい道路で対向車注意。車に酔いやすい場合は「酔い止め薬」を持参しよう。
 山道が好きな方は大月から国道139号(舗装済)を北上すると険しい山並みも堪能できる。
 冬季は日陰が道路凍結するので、スダットレスタイヤが無難である。
 国道411号沿いの道の駅「たばやま」の駐車場に止めて行くので、道に迷う事はない。駐車場は大型3台、一般車100台。駐車場より吊り橋で丹波川を渡ると施設がある。
 電車の場合、JR青梅線で終点の奥多摩駅まで行き、西東京バスの丹波行き(奥10系統)でバス約60分(約1000円)。丹波山温泉バス停下車して、徒歩5分。バスは1日数本なので運行本数注意。


 初心者向けオートキャンプ情報



 記載内容は小生が訪れた時点のもので、参考までに公開致しております。実際には異なる事項などがあっても、一切責任を負いかねます。
施設側により改善・変更されている場合もありますので、施設HPなどをご覧の上、訪れるようお願い申し上げます。ポリシーはこちら


関東周辺 子供と温泉だよ 相模原公園王国 お得に節約 自動車保険 比較 詳細情報  ブログパーツ